かぶれrash

かぶれとは?

かぶれとは?

かぶれとは皮膚炎の一種で、正式名は「接触皮膚炎」と言います。刺激性の強い物質やアレルギー性物質が皮膚に接触した時に起こります。
主な原因物質は、石鹸、洗剤、漆(うるし)、ガソリンなどの刺激物、金属、ゴム、化粧品などのアレルギー性物質など、日常生活で接触する機会の多いもので、原因物質がはっきりわかっている場合に「かぶれ(接触皮膚炎)」と診断されます。

かぶれの種類

かぶれは大きく、刺激性の強い物質が原因で起こる「一次刺激性接触皮膚炎」と、アレルギー物質が原因で起こる「アレルギー性接触皮膚炎」に分けられます。

一次刺激性接触皮膚炎

石鹸、洗剤、漆(うるし)、ガソリン、セメントなど、刺激性の強い物質が原因で起こるかぶれです。
アレルギー性接触皮膚炎と違い、どんな方にも起こる可能性があります。

アレルギー性接触皮膚炎

金属、ゴム、化粧品など、アレルギー物質に反応して起こるかぶれです。
特定のアレルギー物質に反応する人だけに起こります。

主な症状

原因物質に接触した部分に、かゆみを伴う赤み・ブツブツ・水ぶくれができます。
接触した部分と、そうでない部分の境界がはっきりしているのが特徴で、症状が長引くと皮膚の表面がガサガサ・ゴワゴワになり、最終的に色素沈着となることがあります。

日常生活にあるかぶれを引き起こすもの

日常生活の中には、かぶれを引き起こす原因物質がたくさんあり、主に下記のようなものが挙げられます。

かぶれが起こった時、原因物質を特定して接触しないようにすることが大事ですが、「今まで接触しても問題がなったのに、突然、かぶれた」ということがあります。
例えば、石鹸などを日常的に使用することで、繰り返し皮膚に刺激が加わり、突然、かぶれることもありますので注意しましょう。

一次刺激性接触皮膚炎の原因物質

  • 石鹸洗剤シャンプー
  • 化粧品
  • 日焼け止め
  • 育毛剤
  • ヘアカラー剤
  • 香水
  • 漆(うるし)
  • 毒草
  • 毛虫
  • ガソリンセメント

など

アレルギー性接触皮膚炎

  • ピアス
  • ネックレス
  • 腕時計
  • ベルト
  • ゴム製品
  • 化粧品
  • ヘアカラー剤
  • 香水
  • 植物
  • 外用薬
  • 消毒薬
  • 点眼薬

など

かぶれの治療

お薬で炎症・かゆみを抑えます

かぶれはかゆみを伴うことが多いため、ステロイド外用薬で炎症を抑えるとともに、抗ヒスタミン薬の内服でかゆみを抑えます。
炎症が強い時には、ステロイドの内服薬を使用することもあります。

患部を掻かないでください

強いかゆみのために、患部を掻いたり擦ったりすると、皮膚が厚くなってゴワゴワした状態(苔癬化)になることがあります。
かぶれの症状がありましたら、我慢せずに、お早めに堺市中区のひふみるクリニックへご連絡ください。

072-236-1112

WEB
予約


LINE予約


合わせ