脂肪腫lipoma

脂肪腫とは?

脂肪腫とは?

脂肪腫とは、皮下に発生する脂肪細胞の良性腫瘍です。
通常、痛みを伴うことはなく、皮下に弾力のある柔らかいしこりを感じる程度です。幼少期に発生すると考えられていますが、ゆっくり時間をかけて大きくなる傾向にあるため、発見されるのは遅く、40~50代になって見つかるケースが多いです。

多くは単発ですが、多発するもの、ブドウの房状になって増殖するものもあります。脂肪組織がある箇所なら身体のどこにも発生し、特にできやすいのは首、肩、背中とされています。

主な症状

通常、皮膚のすぐ下の脂肪組織に発生することが多いですが、筋肉と筋肉の間、骨の表面、骨の内部など、比較的深い箇所に発生することもあります。
徐々に大きくなっていく傾向にあり、5cm以上の大きなものもあります。

大きくなってから切除しようとすると、傷痕が目立ってしまうため、一定以上の大きさになったら手術による切除を検討した方が良い場合があります。

脂肪腫の原因

原因はわかっていません

脂肪腫ができる原因はわかっていませんが、外部から刺激を受けやすい箇所にできやすい傾向にあります。
ただ、80%程度の脂肪腫に染色体の異常が見つかっていることから、未分化細胞が遺伝子の異常により脂肪細胞へ分化・増殖するのではないかと考えられていますが、これも確かではありません。

脂肪腫の治療

基本的には経過観察でかまいません

脂肪腫は良性腫瘍なので、基本的には経過観察でかまいません。
徐々に大きくなって目立つようになったり、発生した箇所によって押さえた時に痛みを感じるようになった場合には、手術による切除を検討します。
手足にできた小さな脂肪腫なら、大抵、日帰り手術で対応可能です。

072-236-1112

WEB
予約


LINE予約


合わせ