二重まぶた 重瞼術(切開法)incision

  • HOME>
  • 二重まぶた 重瞼術(切開法)

二重まぶた切開法はこのような方におすすめ

  • 脂肪が多くまぶたが厚い
  • 目をぱっちり大きく見せたい
  • 二重まぶたになって目元を魅力的にしたい
  • 埋没してもすぐに取れやすい

など

二重まぶた 重瞼術(切開法)

「切開法」は、希望の二重のラインに沿って皮膚を切開し、半永久的な二重を作る治療法です。まぶたの皮膚が分厚かったり、脂肪が多かったりする患者様などに、切開法をおすすめしております。

小切開法

「小切開法」とは、まぶたをレーザーで数ミリ切開して二重ラインを作る方法です。同時に余分な皮下組織や脂肪を取り除くことが可能で、埋没法より安定性のある二重ラインを形成することができます。
一重まぶたで皮膚が厚い場合はきれいなラインを作るのが難しいため、その場合は全切開法をおすすめします。

全切開法

「全切開法」とは、よりくっきりした二重を作るのに適した方法です。二重のラインに切開の傷跡を一致させるため、傷跡が目立ちにくく、施術効果を維持しやすいというメリットがあります。
まぶたが腫れぼったい場合や小切開法では効果が得づらい場合などに適しています。

副作用・注意点

  • 内出血や腫れが起こります。通常数週間で引きますが、個人差があります、当院ではダウンタイムを短くするために、麻酔の量を調整したり、短い時間で施術ができるようにしています。
  • 免疫力が下がっている場合は、術部が化膿する場合があります。医師から処方された薬を、用法用量を守ってお使いください。
  • 目元の印象が変わります。
  • 傷跡は目立ちにくくなりますが、個人差があるため少し残る場合があります。
  • 術後数週間は出血しやすいため、目元を擦らないよう注意が必要です。
  • 極端なデザインにすると不自然な仕上がりとなったり、理想と異なる仕上がりになる場合がありますので、医師とよくご相談ください。

WEB
予約


LINE予約


Instagram