眼瞼下垂ptosis

  • HOME>
  • 眼瞼下垂

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは?

眼瞼下垂とは?

眼瞼下垂とは、加齢などが原因で瞼が垂れ下がり、ものが見えにくくなったり、お顔が眠そうに見えたりする病気です。
垂れ下がった瞼が瞳孔の一部に被さるため、特に上方の視野が狭くなったりするほか、瞼が十分に挙がらないので額の筋肉を使って無理やり上げようとして頭痛や肩こりの原因となったりもします。

眼瞼下垂の種類

眼瞼下垂は大きく先天性と後天性に分けることができます。

先天性眼瞼下垂

先天的に眼瞼挙筋(瞼を挙げる筋肉)や、その筋肉を動かす神経に異常があって起こる眼瞼下垂です。
眼瞼挙筋が正常に発達せず、代わりに硬くて伸びにくい線維組織が多く混ざってしまうことなどが原因で起こります。

後天性眼瞼下垂

加齢、ハードコンタクトの長期使用、目をよく擦る癖などにより、挙筋腱膜(眼瞼挙筋と瞼を繋ぐ組織)が薄くなって伸びることが原因で起こります。
挙筋腱膜の緩みは高齢になると誰にでもみられ、長生きすればどなたも眼瞼下垂になってしまうという風にも言えます。
ただし、「眼瞼下垂は高齢者だけの病気」というわけではなく、誤ったコンタクトレンズの装用、目を擦る癖、アイメイクのしすぎなどにより、若い方でも眼瞼下垂になることがあります。

主な症状

眼瞼下垂になると下記のような症状が現れます。
「ものが見えにくい」「いつも顔が眠そう」といったこと以外にも、頭痛、肩こり、めまいなどの随伴症状も起こることがあります。
瞼の異常や見え方の異変に気づいたら、お早めに堺市中区にあるひふみるクリニックへご相談ください。

  • 瞼が重い
  • 瞼がたるんでいる
  • 目が開けにくい
  • 左右で目の大きさが違う
  • ものが見にくい
  • 上の方が見づらい
  • 運転中、「信号が見にくい」と感じる
  • 「いつも眠そうな顔をしている」と言われる

など

眼瞼下垂の随伴症状
眼瞼下垂の随伴症状

眼瞼下垂になると、瞼が十分挙がらなくなってものが見えにくくなるため、額の筋肉(前頭筋)を使って眉毛と一緒に瞼の皮膚全体を持ち上げて、視野を確保しようとします。
こうして額、頭部、首などの筋肉で緊張が続くと、頭痛や肩こりなどの随伴症状を招く恐れがあります。
また、挙筋腱膜が緩むことで神経受容体が刺激されて、めまい、不眠、不安、自律神経失調症、瞼や表情筋の痙攣などの症状が起こることもあります。

眼瞼下垂の原因

主な原因は加齢です

眼瞼下垂の原因で最も多いのは、挙筋腱膜(眼瞼挙筋と瞼を繋ぐ組織)の異常で、これが加齢に伴い薄く伸びてしまうことで起こります。
また、ハードコンタクトレンズの長期使用や、花粉症などによる目を頻繁に擦る癖も眼瞼下垂の原因となります。
その他、先天的に眼瞼挙筋や、その筋肉の神経に異常があって起こることもあります。

眼瞼下垂の治療

保険適用・日帰り手術で治せます

眼瞼下垂の治療は美容目的を除き、保険適用で受けられます。
治療は手術が中心となりますが、入院の必要がなく、日帰り手術となります。
眼瞼下垂の日帰り手術の方法は下記の通りです。

挙筋前転法

挙筋腱膜が瞼から外れていることが原因で、眼瞼下垂が起こっている場合に行われる手術で、挙筋腱膜を瞼に縫合し直して瞼の垂れ下がりを改善します。

挙筋短縮法

重度の眼瞼下垂の場合に行われる方法で、弛緩した眼瞼挙筋の切除や固定により瞼を持ち上げます。

上眼瞼切開法(皮膚切除)

瞼の皮膚の弛緩が原因で眼瞼下垂が起こっている場合の手術で、上瞼の皮膚を切除・調整して症状の改善をはかります。
患者様への負担が少ない方法で、術後の腫れも抑えられます。

筋膜移植法(前頭筋吊り上げ術)

眼瞼挙筋の筋力が弱かったり、ほとんど機能していなかったりする場合に行われる方法で、額の筋肉(前頭筋)と瞼を患者様自身の組織で繋いで瞼を持ち上げます。
多くの場合、移植する組織には大腿筋膜を使用します。

眉下切開

眉毛の下ギリギリのラインを切開する手術方法です。眉下はたるみがでやすい箇所ですが、たるみを取り除くことで若々しい印象を取り戻します。まぶたには手を加えないので、自然な仕上がりになります。

実績豊富な形成外科専門医による手術

実績豊富な形成外科専門医による手術

眼瞼下垂の手術は主に眼科と形成外科という2つの科で行われることが多いですが、眼科医と形成外科医を比較した場合、外科的処置に精通している形成外科医の方が、満足度の高い治療が行えると言えます。
皮膚の切除だけでなく、縫合も含めた形成外科医ならではの技術により、自然な仕上がりが期待できるようになります。

当院の院長は「形成外科専門医」の資格を持ち、総合病院などで多数の眼瞼下垂の手術を行ってきた経歴があり、現在も1日に4~5件のペースで日帰り手術を行っています。
手術の実績を重ねることで、知識・技術はブラッシュアップされますが、そのうえで院長自身、「もっともっと、上手く手術できるようになりたい」という向上心を持って手術に臨んでおります。

総合病院を受診し入院しなくても、皆様の生活圏内で高いレベルの手術が日帰りで受けられますので、眼瞼下垂の症状でお困りでしたらお気軽にひふみるクリニックへご相談ください。

072-236-1112

WEB
予約


LINE予約


合わせ