かゆみitch

かゆみのお悩みはひふみるクリニックへ

かゆみのお悩みはひふみるクリニックへ

かゆみは、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹(じんましん)、かぶれ(接触皮膚炎)、湿疹など様々な原因で起こります。
検査によりかゆみの原因を明らかにした上で、適切な治療を行わせていただきますので、かゆみでお困りの方は堺市中区にあるひふみるクリニックへご相談ください。

かゆみの主な原因

かゆみを引き起こす主な原因として、下記のような病気が挙げられます。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、赤ちゃんから大人の方まで、幅広い年代の方々にみられる皮膚の慢性疾患で、症状の改善と悪化を慢性的に繰り返すのが特徴です
強いかゆみを伴う湿疹が、顔、首、手足の関節、胸、背中などに左右対称にできます。

蕁麻疹

蕁麻疹(じんましん)とは、皮膚の一部が赤く盛り上がり(膨疹)、しばらくすると跡形もなく消えてしまう病気です。
ほとんどの場合、かゆみを伴います。
膨疹が出る時間は通常、数十分から数時間で、出現したり、消えてなくなったりを繰り返すこともあります。

かぶれ(接触皮膚炎)

かぶれ(接触皮膚炎)とは皮膚炎の一種で、石鹸、洗剤、漆(うるし)などの刺激性の強い物質や、金属製品やゴム製品などのアレルギー物質に皮膚が接触することで起こります。
原因物質に接触した箇所で、かゆみ、赤み、ブツブツ、水ぶくれなどの症状が起こります。

湿疹(皮膚炎)

皮膚の乾燥、かぶれ、アレルギー症状、虫さされなどにより、皮膚の上層にブツブツや小さな水ぶくれができた状態です。
かゆみを伴うことが多く、患部を掻きむしると化膿・悪化してしまいます。

虫さされ

蚊、ブヨ、ダニ、ノミ、ハチ、毛虫、ムカデなどの虫に咬刺されることで起こる皮膚炎で、かゆみ、痛み、発赤、水ぶくれなどの症状が現れます。

尋常性乾癬

尋常性乾癬とは、紅斑(皮膚が赤くなる)、浸潤・肥厚(皮膚が盛り上がる)、鱗屑(銀白色のフケのような厚い皮)が付着し剥がれ落ちるなどの症状が起こる病気で、約半数の患者でかゆみが生じるとされています。

水虫

水虫は「白癬」とも言い、皮膚糸状菌という真菌(カビ)が原因の感染症です。
日本人の5人に1人が水虫と言われていて、足のかゆみ、皮が剥ける、水ぶくれができるなどの症状が起こります。

072-236-1112

WEB
予約


LINE予約


合わせ