薄毛治療aga

  • HOME>
  • 薄毛治療

AGAとは?

AGAとは?

AGA(Andro Genetic Alopecia)とは「男性型脱毛症」のことで、思春期以降に多くみられる脱毛症で、薄毛でお悩みの男性のほとんどがAGAだと言われています。
AGAは進行性の脱毛症で、放置しているとどんどん毛髪が薄くなっていってしまいます。
AGAでは前頭部(額の生え際)や頭頂部のどちらか一方から、またはその両方で薄毛が進行していきます。

こんなお悩みはございませんか?

  • 最近、抜け毛の量が増えた
  • シャンプーやブラッシングの時にたくさんの毛が抜ける
  • 毛髪のハリやコシがなくなってきた
  • 毛髪のボリュームが減った
  • 頭皮が透けて見えるようになってきた
  • 以前より髪の毛がセットしにくくなった
  • 思春期以降、抜け毛が増え始めた
  • 家族・親戚に薄毛の人がいる

など

AGAの原因

DHTによりヘアサイクルが乱れるのが原因です

AGAは生活習慣の乱れ、ストレス、男性ホルモンの過剰分泌、血行不良、遺伝的要因など様々な原因で起こります。
そのうち、明らかな原因物質とされているのが「DHT(ジヒドロテストステロン)」です。

DHTとは、男性ホルモンの一種であるテストステロンと、5αリダクターゼ(5α還元酵素)が結び付くことで生成される男性ホルモンで、これが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結合するとヘアサイクル(毛周期)の成長期を短縮させ、毛髪が長く太い毛に成長する前に抜けてしまって薄毛が目立つようになります。

ヘアサイクルとは?

ヘアサイクルとは「毛周期」のことで、毛髪は成長期・退行期・休止期という一定の周期を経て成長していきますが、AGAになるとこのうち成長期の期間が極端に短くなり、毛髪が長く太く育たないうちに退行期へ移行してしまうため、抜けやすい細い毛が増えて、毛髪のボリュームが減り薄毛が進行していきます。

AGAの治療

AGA治療薬を処方いたします

堺市中区のひふみるクリニックでは、AGAの治療のために「フィナステリド」や「ザガーロ」といったAGA治療薬を処方しています。
それぞれの効果・特徴は下記の通りです。

フィナステリド

DHTを生成する5αリダクターゼのうち、Ⅱ型5αリダクターゼだけを阻害する作用のある治療薬です。
テストステロンがDHTに変化するのを防ぎ、短縮されたヘアサイクルの成長期を正常な状態に戻す効果が期待できます。

副作用

・リビドー(性欲)減退
・勃起不全(ED)
・射精障害
・肝機能障害
など

ザガーロ

デュタステリドを主成分とするAGA治療薬で、プロペシアに続いて厚生労働省から認可されました。
プロペシアがⅡ型5αリダクターゼのみを阻害するのに対して、ザガーロはⅠ型とⅡ型の両方を阻害する作用があり、頭頂部だけでなく前頭部の薄毛にも効果があるとされています。
プロペシアよりも効果が高いとされているため、プロペシアでは十分な効果が得られなかった方におすすめです。
ただし、プロペシアより副作用が起こりやすいとされています。

副作用

・リビドー(性欲)減退
・勃起不全(ED)
・射精障害
・肝機能障害
・食欲不振
・倦怠感
・黄疸
など

072-236-1112

WEB
予約


LINE予約


合わせ