しみの原因

主な原因は紫外線によるダメージ

しみの主な原因は紫外線によるダメージで、紫外線を浴びることで受けたダメージから肌を守るためにメラニン色素が生成され、これが沈着することでしみができます。
通常、メラニン色素は肌のターンオーバー(新陳代謝)により剥がれ落ちますが、加齢などの影響で肌のターンオーバーが乱れていると、メラニン色素が肌に滞留してしみになります。

しみの種類は様々で、原因も多岐にわたります。
それぞれの種類・原因に応じた治療を受けることが大事で、セルフケアだけでは悪化を招く恐れがありますので、しみで悩みでしたらひふみるクリニックへご相談ください。

こんなお悩みはございませんか?

  • 顔のしみが目立つ
  • 小さなしみがたくさんできている
  • しみを薄くしたい
  • しみのせいで年齢よりも老けて見られる

など

しみの治療

堺市中区のひふみるクリニックでは、しみの治療として「Qスイッチルビーレーザー」「イオン導入」を行っています。

Qスイッチルビーレーザー

  • Qスイッチルビーレーザーで照射するレーザーの波長は、メラニン色素によく吸収される特性がありますので、まわりの肌へのダメージを最小限に抑えて、しみを除去することが可能です。
    施術中の痛みは輪ゴムで弾かれた程度で、レーザーで破壊されたメラニン色素は自然に体外へ排出されます。
    多くの場合、1回の施術でしみを除去することが可能で、しみの濃さや深度に応じて最適な施術プランをご提案いたします。

イオン導入

  • イオン導入とは、肌に微弱な電流を流すことで、各種美容成分を肌の真皮層にまで浸透させる施術です。
    しみのほか、ニキビ・ニキビ跡の改善、赤ら顔の改善、美白効果などが期待できます。
    肌質を問わず施術を受けていただけて、長期間、効果が持続するのが特徴です。
    当院ではビタミンC誘導体とトラネキサム酸導入により、しみなどの肌トラブルを改善いたします。

PAGE TOP