虫さされ

虫さされとは?

  • 虫さされとは、蚊、ブヨ、ダニ、ノミ、ハチ、毛虫、ムカデなどに咬まれたり、刺されたりして起こる皮膚炎です。
    虫が咬んだり、刺したりした時に生じる物理的な刺激、また皮膚に注入される唾液成分・毒成分へのアレルギー反応によって起こります。
    体質、咬まれた・刺された回数によって症状の現れ方が異なりますが、刺咬直後から翌日にかけて患部が赤く腫れたり、水ぶくれができたり、しこりとなったりします。

主な症状

虫さされにより、主に下記のような症状が起こります。
虫に咬まれた・刺された後、患部が腫れたり、痛んだりする時は、そのままにせずに堺市中区のひふみるクリニックへご連絡ください。

  • 痛み
  • 発赤
  • かゆみ
  • 水ぶくれ
  • 蕁麻疹(じんましん)
  • しこり など

アナフィラキシーショックが起こることも

アナフィラキシーショックとは、短時間で起こる激しいアレルギー反応のことで、血圧低下、意識障害、呼吸困難などを引き起こし、命に関わることもあります。
虫さされ、特にハチに刺された時などにこのアナフィラキシーショックが起こることがあるので注意が必要です。

痛み・かゆみが起こる原因

虫さされの主な症状は「痛み」と「かゆみ」ですが、これらの症状が起こる原因は下記の通りです。

痛みの原因

虫が咬んだり、刺したりした時に生じる物理的な刺激、また皮膚に注入される唾液成分・毒成分の化学的刺激により痛みが発生します。

かゆみの原因

虫が咬んだり、刺したりした時、皮膚に注入される唾液成分・毒成分へのアレルギー反応としてかゆみが起こります。
特にお子様の場合、強く症状が現れることが多く、患部を掻き続けると傷ができ、細菌感染を起こすことがありますので気をつけましょう。

虫さされの治療

傷痕を残さないために早期の治療が大事です

虫さされを放置すると、茶色いしこりや傷痕が残ってしまうことがありますので、早期に適切な治療を受けることが大事です。
炎症を抑えるために、ステロイド外用薬を患部に塗布し、かゆみが強い場合には、アレルギー反応を抑制するために抗ヒスタミン薬の内服薬を使用します。

かゆいからといって患部を掻き続けると、とびひになったり、難治性の痒疹(ようしん:強いかゆみを伴う皮膚の盛り上がりが多数できた状態)になったりすることがありますのでご注意ください。

PAGE TOP