理想の二重まぶたをデザインいたします

まぶたの手術を得意としています

  • 目元は、その方の第一印象を左右する大事なパーツで、「魅力的に見せたい」「ぱっちりとした目元になりたい」と望まれている方も多いでしょう。
    堺市中区のひふみるクリニックでは、まぶたの手術を得意としており、二重まぶたに限らず様々なまぶたの手術の経験が豊富な院長が、理想の二重まぶたをデザインいたします。
    「瞼が厚い」「目つきが悪いと言われる」とお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

こんなお悩みはございませんか?

  • 瞼が厚い
  • 瞼がたるんでいる
  • 「目つきが悪い」と言われる
  • 目をぱっちりと大きく見せたい
  • 二重まぶたになって、目元を魅力的にしたい
  • 左右の二重まぶたの幅を整えたい

など

二重まぶた術(重瞼術)

二重まぶたを作る方法は、大きく「埋没法」と「切開法」の2種類に分けられます。
切開法はさらに小切開、全切開に分類され、それぞれ適応となる瞼の状態や、施術の特徴が異なります。

埋没法

埋没法とは、毛髪と同程度、もしくはそれ以下の細さの医療用の糸を使って瞼を固定し、二重のラインを作る方法です。
施術は短時間で終わり、抜糸の必要がなく、術後、比較的簡単に二重のラインを変更したり、元に戻せたりします。
ただし、糸のまわりの組織が緩むことで後戻りしてしまうケースがあります。

切開法

小切開

レーザーを用いて瞼を数mm程度切開し、二重のラインを作ります。
埋没法よりも安定しやすく、二重まぶたを作るのと同時に余分な皮下脂肪を除去することも可能です。

全切開

瞼を全体的に切開する方法で、よりくっきりとした二重まぶたを作るのに適しています。
瞼が極端に腫れぼったい場合や、皮下脂肪が多い方、小切開では効果が得られにくい方などに行います。

PAGE TOP