バギーアイとは?

  • バギーアイとは、涙袋よりも下にある膨らみのことで、眼球を取り囲む脂肪が前方へ押し出されることで発生します。
    目の下に膨らみが生じることで、影ができてクマがあるように見え、また目元が疲れているように見えたり、年齢よりも老けて見えたりします。
    さらに目元の皮膚が伸びるのでしわの原因にもなります。

こんなお悩みはございませんか?

  • 目の下がたるんでいる
  • 涙袋の下に膨らみがある
  • 目の下にクマがあるように見える
  • 目が小さく見える
  • 老け顔に見える

など

バギーアイの原因

眼窩脂肪が前方へ押し出されることで起こります

バギーアイは、加齢などが原因で眼窩隔膜が緩み、眼球を取り囲む眼窩脂肪を支えきれなくなり、それ前方へ押し出されることで発生します。
また、パソコンやスマートフォンの長時間の使用も、バギーアイを引き起こす要因となることがわかっています。
眼窩脂肪が前に出てきて目の下が膨らむと、眼窩脂肪の役割である眼球の保護が十分に果たせなくなるほか、「疲れているように見える」「年齢よりも老けて見える」といった見た目の問題も起こります。

バギーアイの治療

手術またはそれ以外の方法で治療できます

バギーアイは「下眼瞼切開術」「下眼瞼脱脂(経結膜脱脂法)」「ハムラ法」などの手術で治療できます。
また、手術に抵抗がある方のために、「HIFU(高密度焦点式超音波)」や「ヒアルロン酸注射」などの手術以外の治療も行っています。
バギーアイの状態や、患者様のご希望などに応じて最適な方法をご提案いたしますので、目の下のたるみや膨らみ、クマなどでお困りでしたら、堺市中区のひふみるクリニックへお気軽にご相談ください。

バギーアイの手術

下眼瞼切開術

まつ毛のすぐ下を切開して、バギーアイの原因である眼窩脂肪を取り除く手術です。
目の下のたるみが気になる方、クマを消したい方、下瞼が腫れぼったい方などにおすすめの方法で、脂肪を除去した後、再発防止のために眼輪筋を挙上して骨膜に固定します。

下眼瞼脱脂(経結膜脱脂法)

レーザーで下瞼の裏側を切開し、余分な眼窩脂肪を取り除くことで目の下のたるみや膨らみ、クマを改善する方法です。

ハムラ法

バギーアイの原因である眼窩脂肪を、目の下にある窪みに移動させることで、目の下のたるみを解消する手術です。
まつ毛の下を切開する「表ハムラ法」と、瞼の裏側を切開する「裏ハムラ法」があります。
表ハムラ法は眼窩脂肪の余りがあって、比較的涙袋の輪郭がはっきりしていない50~60代の方の適しており、裏ハムラ法は眼窩脂肪の余りが少ない40代前半以下の方に適しています。

手術以外の方法

HIFU(高密度焦点式超音波)

熱エネルギーを加えて緩んだ皮膚を引き締めることで、バギーアイの改善をはかります。

ヒアルロン酸注射

目元にヒアルロン酸を注射することで、目の下のたるみ・膨らみ・クマを目立たなくさせます。

その他の美容外科手術

目をぱっちりと大きく見せたい方へ

ひふみるクリニックでは、「目をぱっちりと大きく見せたい」という方のために、「目頭切開」や「目尻形成」などの美容外科手術を行っています。

目頭切開(内眥形成術)

目頭にある内眼角贅皮(蒙古ヒダ)を除去して、目の横幅を広げることで目をぱっちりと大きく見せる方法です。
多くの場合、二重まぶた術と併せて行われます。

こんな方におすすめです

  • 目を大きく見せたい方
  • 左右の目が離れている方
  • 蒙古ヒダをなくしたい方
  • 目の幅を広げて二重まぶたになりたい方

など

目尻形成

目尻側を切開して形成することで、目を大きく見せる方法です。
二重まぶた術や目頭切開と同時に施術することが可能です。

こんな方におすすめです

  • 目の横幅を大きくしたい方
  • 目を大きく見せたいが、目頭切開ができない方
  • 目頭切開では満足のいく結果が得られなかった方
  • 左右の目の大きさを整えたい方

など

PAGE TOP