ニキビとは?

  • ニキビとは、アクネ菌の繁殖によって起こる皮膚の炎症です。
    正式には「尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)」と言い、一般的には「吹き出物」と呼ばれることもあります。
    毛穴に溜まった皮脂を栄養源に、ニキビの原因となるアクネ菌が繁殖していき、炎症を起こして皮膚が赤く盛り上がったり、膿が出たりします。

ニキビの種類・症状

ニキビは進行度に応じて「白ニキビ」「黒ニキビ」「赤ニキビ」「黄ニキビ」「ニキビ跡」に分けられます。
それぞれの症状は下記の通りです。

白ニキビ

初期のニキビで、毛穴に皮脂が詰まってアクネ菌が増殖します。
毛穴に詰まった皮脂が白色・乳白色をしているため、白ニキビと呼ばれます。

黒ニキビ

白ニキビが酸化して黒くなった状態で、そのまま放っておくと炎症を起こすことがあるので注意しましょう。

赤ニキビ

黒ニキビが悪化し、毛穴の内部でアクネ菌が繁殖して炎症を起こした状態です。
皮膚が赤く盛り上がり、重症化するとかゆみや痛みを伴うことがあります。

黄ニキビ

ニキビから膿が出て、化膿した状態です。
ここまで進行すると、ニキビ跡が残りやすくなるので注意しましょう。

ニキビ跡

ニキビが治った後も、赤み、色素沈着、クレーター状の陥没などが残った状態です。
ニキビ跡は治りにくいので、跡を残さらないためには、早めにニキビ治療を開始することが大切です。

ニキビの原因

アクネ菌の繁殖によって起こります

ニキビの原因はアクネ菌の繁殖で、皮脂はアクネ菌の栄養源となるため、毛穴に皮脂が溜まるとそこでアクネ菌が繁殖し、炎症を起こします。
一般的にニキビは思春期から30代後半にかけてできやすく、自分でつぶすとニキビ跡になりやすいのでご注意ください。

思春期のニキビ

思春期にはホルモンの分泌量が増加するため、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まり、アクネ菌の増殖を招いてしまいます。

大人ニキビ

過食、偏食、睡眠不足、飲酒、喫煙、ストレス、ホルモンのバランスの乱れ、間違ったスキンケアなど、様々な要因が重なり皮膚細胞の生まれ変わりサイクルである「ターンオーバー(肌代謝)」が乱れることで、古い角質が毛穴に溜まりニキビができやすくなります。

ニキビの治療

保険の治療と自費の治療があります

ニキビの種類や進行度を確認したうえで、毛穴の詰まりを除去する外用薬、抗生物質や漢方薬の内服、患部に穴を開けて毛穴に詰まっている皮脂を押し出す面皰圧出などの治療を行います。
これらの治療は保険適用となりますが、十分な改善がみられない場合には、「ケミカルピーリング」「超音波クレンジング」「イオン導入」などの自費の治療をご提案することもできます。
ご希望の方は、お気軽に堺市中区のひふみるクリニックへお問い合わせください。

ニキビの自費治療

■ケミカルピーリング

お肌にピーリング剤を塗布して、古い角質や毛穴の汚れを取り除き、肌のターンオーバーを正常にします。
ニキビ・ニキビ跡の改善のほか、毛穴の開きの改善、肌のキメを整える効果などがあります。

■超音波クレンジング

洗顔では落としきれない汚れを、超音波を使って洗浄します。
余分な角質を取り除き、毛穴を清潔な状態にしてニキビを改善・予防します。

■イオン導入

微弱な電流で有効成分(ビタミンC)を肌の深層まで届けます。
ニキビ・ニキビ跡の改善のほか、しみ、美白、赤ら顔の改善などの効果があります。
ケミカルピーリング後に受けることで、より高い効果が得られるようになります。

PAGE TOP