わきが(腋臭症)・多汗症とは?

  • わきがとは、脇の下や乳輪まわりなど、身体の限られた部位に存在する「アポクリン汗腺」から分泌された汗が、皮膚表面の雑菌に分解されることで変性し、強い臭いを放つようになる病気です。
    正式には腋臭症と言い、主に脇の下から独特の臭いが発生します。

    多汗症とは、脇の下に限らず、全身の様々な皮膚に存在する「エクリン汗腺」から大量の汗が出る症状で、脇の下に局所的に汗をかく腋下多汗症が特に多いですが、手の平や顔、全身で多量の汗が出るケースもあります。

わきがは遺伝しやすいとされています

わきがの臭いの原因となるアポクリン汗腺は、脇の下、乳輪まわり、外陰部、外耳道と限られた部位にのみ存在します。
アポクリン汗腺はどなたにも存在しますが、そこから分泌される汗の量や質には個人差があり、遺伝的要因が深く関わっているとされています。
そのため、わきがは遺伝しやすいと考えられていて、両親のどちらかがわきがの場合には50%の確率で、両親ともにわきがの場合には80%の確率で、子供にわきがが遺伝すると言われています。

わきがの原因

わきがの臭いの原因はアポクリン汗腺

わきがの独特な臭いの原因は、アポクリン汗腺から分泌される汗で、乳白色や黄色味がかった色をしています。
アポクリン汗腺から分泌される汗が、皮膚の雑菌に分解されることで強い臭いを放つようになります。
特に脇の下から臭いが出やすく、遺伝的傾向が強いため、親がわきがだと高い確率で子供もわきがになると言われています。

多汗症の原因はエクリン汗腺

多汗症の原因はエクリン汗腺の過剰分泌で、エクリン汗腺から分泌される汗は無色透明で、ほぼ臭いがないというのが特徴です。
ただし、夏場など蒸れやすい環境では、皮膚表面の雑菌と混ざって臭いを発生させることがあります。
遺伝的傾向の強いわきがとは異なり、後天的に発生するケースが多いとされていて、ホルモンバランスの乱れやストレスなどにより、交感神経が過剰に働いて大量の汗が分泌されます。

多汗症がわきがを引き起こすケースもあります

わきがと多汗症は異なるものですが、これら2つに関連がないかと言えば、そうではありません。
多汗症がきっかけでわきがを引き起こしてしまうケースもあります。
多汗症により大量の汗をかくと、エクリン汗腺からだけでなく、アポクリン汗腺からも汗が分泌されて、結果、わきが臭の発生のきっかけとなることがあります。

わきがの治療

保険適用・日帰り手術で治療できます

堺市中区にあるひふみるクリニックでは、わきがを日帰り手術で治療しています。
脇の下の皮膚を数箇所切開した後、わきがの原因であるアポクリン腺を取り除いて臭いが発生しないようにします。
わきがの手術は日帰り手術として受けられるだけでなく、保険適用の手術なので金銭的負担を抑えて受けていただくことができます。
わきがの症状でお困りでしたら、お一人で悩み続けずに、当院へ気軽にご相談ください。

PAGE TOP